弟子弟子

つっこみたいです、先生


師匠師匠

つっこみたいのか?本気か?


弟子弟子

はい、つっこみたい、モテたい…


師匠師匠

なんか下ネタっぽく聞こえるが…今日のテーマは「ツッコミ」のコツだ


弟子弟子

はい、よろしくお願いいたします



相手のボケをツッコむのがツッコミなのか?

師匠師匠

そもそも、日常生活においてボケてくる奴ってあまりいないよな


弟子弟子

たしかに


師匠師匠

だから、ボケてくる奴がいればそのボケに対して適切な言葉を投げかければいいので、あまり技術は必要ない


弟子弟子

そうなんですか?


師匠師匠

うん、極端なこといえば「なんでだよ」とかでOK、もうそれすら面倒な時は笑うだけとかな


弟子弟子

なるほど


師匠師匠

くそつまらないボケばかりしてくる相手には、俺はずっと笑って誤魔化すよ。「あなたのボケに気付いているけど、つっこむのも面倒だから笑いますわ~」って笑顔で。まあ、そういうつまらないことばかりしてくる奴は鈍感だから俺が本当に笑っていると思うんだろうけど


弟子弟子

え、じゃあツッコミのコツというのは、ないんですか?


師匠師匠

あるよ


弟子弟子

あるんですね



ツッコミが上達するコツ


相手がボケていなくてもツッコむのが重要

師匠師匠

今回俺が伝えたいのは、「相手がボケていないのにツッコむ方法」だ


弟子弟子

…え?そんなこと可能なんですか


師匠師匠

例えば相手が緊張しているとするよな?そこで「手、すごい震えてますよ、大丈夫ですか」と言うだけでも和むだろ?


弟子弟子

確かに


師匠師匠

そこでもうこっちも全身揺らしちゃうとかな。それはツッコミではないけど。


弟子弟子

でもなんか、緊張する場面とかでは和むかもしれないですね


師匠師匠

そう、つっこみとは気遣いなのだ


弟子弟子

気遣い…


師匠師匠

女の子が髪を切ったら、「髪切った?」と言うのも気遣いだろ?


弟子弟子

なるほど


師匠師匠

「これのどこが面白いの?」と感じる奴は、たぶんバラエティ番組は好きなんだろうけど実際には面白い奴とか周りに思われていないと思うよ


弟子弟子

師匠がよく言っている、「客観的に面白いかどうかよりも目の前の人にとって面白いかどうかが重要」という話ですね


師匠師匠

そう、別に目の前の人間が喜んでくれりゃいいのよ、そのためにまずこういった基本的な日常で軽めのツッコミを覚えよう、話はそこからだ


弟子弟子

わかりました


師匠師匠

つっこみを2つにわけると…
・イレギュラーにつっこむツッコミ(ボケにつっこんだり日常の変化にツッコむ)
・相手にとって意外な言葉を投げかけるツッコミ(新しい視点をもちこむツッコミ)
この2つに大別できる


弟子弟子

今まで話していたのは、前者のツッコミの話…ということでいいですか?


師匠師匠

そう、この前者のツッコミは普段から相手を観察して、たとえばちょっと相手が痩せたら「痩せました?」とかきくだけでOK。こういう軽めのツッコミだな。まあ、これすらできてない奴が大半だから日常生活においてはもうこれで十分なんだが、ほら、コンセプトが面白くなってモテようだから、このサイト。これだけじゃ終わらないぜ?



ツッコミの本質は意外性

弟子弟子

次は後者のツッコミですね


師匠師匠

こっちはちょっと高度だな、クリエイティブというか、こっちから積極的に仕掛けてくツッコミだから。これが上達するには、コツがいるんだよ


弟子弟子

コツですか?


師匠師匠

そう、まあこのツッコミの本質は意外性なので、相手が「え、その角度でくると思わなかった!」と思うようなことが重要。これには簡単にいうと、抽象と具体を行き来する思考が必要なんだ


弟子弟子

抽象と具体!?なんだか難しくなった気が…


師匠師匠

カンタンだよ、例を出す


弟子弟子

はい、お願いします


師匠師匠

なんかすごい痩せた奴がいるとするよな


弟子弟子

はい


師匠師匠

これを抽象化すると、痩せている人間になる、さらに抽象化すると細い物体ということになる


弟子弟子

はい、


師匠師匠

細い人間で連想するなら、芸能人とかかな…細い物体ならポッキーとか


弟子弟子

なるほど


師匠師匠

これが面白いかどうかは別として、かなり発想が柔軟になるだろ?それが重要なんだよ、そこで適切な言葉が思いついたら、その言葉を出すだけ


弟子弟子

おおー




師匠師匠

今思ったんだけど、この図だと「痩せたA
君」自体が抽象的だから、痩せた山田太郎とかの方がしっくりくるような…まあいいけど


弟子弟子

こうやって抽象化して、その後に具体的にしていくという作業をするわけですね?


師匠師匠

そう、痩せた人をみたら…まず痩せてる人間誰だろう~と考えて、チュートリアルの福田さんかと思いましたよ、とか。


弟子弟子

なんか病気で激ヤセしましたもんね


師匠師匠

相手が知らなそうだったり、思いつかなかったら、さらに抽象度を高めていっそ細い物質を思い浮かべよう


弟子弟子

木とかですか?


師匠師匠

あとポッキーとか?まあちょっとイマイチだなーと思ったら、もういっそ普通に「痩せましたね」でいいw 無理にたとえる必要はないからな。


弟子弟子

この考え方だと、日ごろからなんでもつっこめますよね


師匠師匠

そう、抽象化するだけだからね、なんでも応用できるよ、ちょっと具体例もっと出そうか


弟子弟子

はい、お願いします


師匠師匠

まずツッコミたい対象を抽象化して、そこから具体的にしていこう



・すげえ汗をかいてる山田君がいた

⇒汗をかく場所や状況は?
⇒水がいっぱいついているモノは?

汗をかく場所や状況を考えるを具体的にする
「風呂とかサウナ」長風呂でもしたんですか?すごい汗ですよ
「試合前のウォーミングアップ」なんかの試合前ですか?すごい汗ですよ
「冷や汗」何かに追われてます?すごい汗ですよ
「ダイエット」ダイエット中ですか?汗が…
「サウナスーツ」サウナスーツ着こんでるみたい

水がいっぱいついている感じを具体的にする
「結露」寒い日の窓みたいになってますね
「コップ」キンキンに冷えた飲み物っぽい


・なんか怒ってる山田君がいた

⇒怒ってる人は?
⇒赤くなっているものや、熱くなっているもの

怒ってる人を具体化
「張本勲」張本勲みたい、喝だあ!とか言いそうですね
「カンニング竹山」カンニング竹山ですか?
「なんかホームでキレてるおっさん」ホームでこんな感じでキレてるおっさん、さっきみましたけど…

赤くなっているものや、熱くなっているものを具体化
「やかん」沸騰してますね…
「トマト」熟れたトマトみたいになってんじゃん
「猿」猿みたいになってるよ顔、赤くなって
「あつあつの食べ物」煮込んでるなあ、ふつふつと

師匠師匠

ぶっちゃけこれだけだとイマイチなんだよな。実際に現実で使う場合は、その前の話と絡めた方が相手の笑う可能性があがるから、キーワードをいくつか心にとどめておくんだよ。


弟子弟子

え、どういうことですか?


師匠師匠

たとえばすげえ汗かいてる山田君と、その前にダイエットの話をしているとするよな。それですげえ汗かいてると、そこで「え、山田君もしかして今もダイエットしてる?汗がすごいけど…」とかだったら、絶対笑うだろ


弟子弟子

なるほど!それだとウケそうですね!


師匠師匠

ああ、俺も今思ったんだけど、抽象化して具体化するだけだと関連性が弱いから、相手と関連するキーワードを絡めてツッコんだ方が確実にウケる


弟子弟子

ああー、これでしっくりきましたわ


師匠師匠

怒っている山田君がプロレス好きだったら、「キレてます?」で長州力「キレてないですよ」を引き出すとか、野球好きだったら「場外乱闘?」ってきくとか、張本さんだすとか、やっぱ絡めた方が相手にとって面白いと思われる可能性は高い


弟子弟子

わかりました


師匠師匠

心構えとして、相手との会話のキーワードを記憶していこう



ツッコミが上達するコツまとめ
抽象化⇒具体化して意外性を出していこう
さらにフレーズの関連性が高ければ、ウケる可能性は高くなる

師匠師匠

今後はもう理論じゃなくて、こういった具体的な例をガンガン出していこうと思うぞ


弟子弟子

はい、楽しみですね


師匠師匠

やっぱり具体例出した方がわかりやすいからね、さらに詳しいツッコミの具体例は、新しいサイトの方に載せるわ⇒ツッコミのコツは言い方にある

松本人志がやっている「お笑いの究極実験」ドキュメンタルとは?